ぷりブロ

ノンジャンルブログ.レビューとレジャー話多めの予定.

2020 NFL Week10 ビルズ vs. カーディナルス 【NFL】

week10!

 

【Game】

Week10/ビルズvsカーディナルス

「オードリーのNFL倶楽部」でも大注目の一戦.

良い試合でした.

ハイライトはこちら.

www.youtube.com

 

【見どころ】

今季好調な2チームの対決.

両チームOF/DF共に拮抗していていい試合.

3Q中盤までビルズがリードを守り優勢に試合を進める.

ところがそこから一気にカーディナルスが点をとり第3Q終盤には逆転し3点リード.

第4Qは両チームとも全くOFが決まらなかったものの,最終盤残り34秒でビルズQBジョシュ・アレンの30ヤードパスを,レシーバーがダイビングスーパーキャッチで逆転!

もう残り時間もなく試合は決したかと思われましたが,最後に劇的なスーパープレー炸裂.

残り時間を使って50ヤードラインまで攻め込んだカーディナルスは最後のパス.

QBカイラー・マレーはディフェンスに追われながらのロングパス.

球筋もフラフラ,レシーバーは3人のディフェンスに囲まれながらも,ディフェンスの上からキャッチしTD!

ディアンドレイ・ホプキンス!凄すぎる!

カーディナルスの大逆転となり試合終了.

今季一番の劇的な勝利でした.

 

アメフトは最後の最後まで何が起こるか分からないのが見ていてハラハラドキドキ,楽しいスポーツですね.

 

2020 NFL Week9 Saints vs. Buccaneers 【NFL】

Week9からは大注目のこの試合をご紹介.

 

【Game】

Week9/セインツvsバッカニアーズ

ドリュー・ブリーズ vs トム・ブレイディ!

ハイライトはこちら.

www.youtube.com

 

【見どころ】

NFLファン大注目の試合.

大ベテランQB同士の直接対決,伝説vs伝説!

ポケモンでいうところのカイオーガvsグラードン的な笑

バチバチの拮抗した良い試合が予想されましたが,終わってみれば38vs3,セインツの圧勝という肩透かしでした…

残念ながら不調のブレイディと,相棒のグロンコウスキーも全く振るわず.

一方で好調のブリーズは見せつけるかのようにパスが冴え渡る.

結局TDパスを4回も決め,歴代TDパス回数でもブレイディを突き放す活躍となりました.

 

今年は長年の古巣ペイトリオッツを離れ,心機一転バッカニアーズでスタートしたブレイディ.

ここまで調子良かっただけに,この試合のあまりの不調ぶりが心配です.

 

因みに気になったのでベテランQB陣をピックアップ.

(2020年11月16日現在)

●トム・ブレイディ/43歳/タンパベイ・バッカニアーズ

●ドリュー・ブリーズ/41歳/ニューオーリンズ・セインツ

●フィリップ・リバース/38歳/インディアナポリス・コルツ

ベン・ロスリスバーガー/38歳/ピッツバーグ・スティーラーズ

●ライアン・フィッツパトリック/37歳/マイアミ・ドルフィンズ

●アーロン・ロジャース/36歳/グリーンベイ・パッカーズ

●マット・ライアン/35歳/アトランタ・ファルコンズ

 

まだまだスターティングで頑張る方々.

個人的には若手QBチームとベテランQBチームの試合が楽しみです.

 

2020 NFL Week8 Vikings vs. Packers 【NFL】

Week8からはこちらの試合を紹介.

 

【Game】

Week8/バイキングスvsパッカーズ

NFC北地区の同地区対決.

ハイライトはこちら.

www.youtube.com

 

【見どころ】

今季好調のパッカーズを抑えバイキングスが見事勝利!

個人的に今期はパッカーズ応援していたこと,またこれまでの両チームの成績からして驚きの結果でした.

 

パッカーズも決して不調という訳ではなく,むしろQBロジャースは判断・パス共に正確なプレーが多かったように思います.

一方でバイキングスはランを中心に攻め立て,特にRBダルヴィン・クックが大活躍.

いつの間にか優位に立ちそのままタイムアップという試合でした.

 

バイキングスのWeek7までの成績は以下の通り1勝5敗.

 Week1 ●34-43 パッカーズ

 Week2 ●11-28 コルツ

 Week3 ●30-31 タイタンズ

 Week4 ○31-23 テキサンズ

 Week5 ●26-27 シーホークス

 Week6 ●23-40 ファルコンズ

勝率は悪いですがここまで強豪チームと当たっていたのですね.

タイタンズシーホークスにもあと一歩と,実力は十分.

今後の試合も楽しみ.

ただし個人的には,NFC北地区からはパッカーズがプレイオフ進出することを願いたいです.

 

2020 NFL Week7 Steelers vs. Titans 【NFL】

Week7も面白い試合盛沢山でした.

こちらのゲームをご紹介.

 

【Game】

Week7/スティーラーズ vs タイタンズ

ハイライトはこちら.

www.youtube.com

 

【見どころ】

今季ノッている2チームの直接対決.

両チームともWeek6終了時点で成績は5戦全勝(バイウィークを既に消化).

前半戦一番の見どころといっても過言ではありません.

 

試合開始からオフェンス・ディフェンスともに調子の良かったスティーラーズが前半終了時点では大きく引き離す.

ところが後半は一変,スティーラーズOF/DF共にミスを犯し得点へとつなげられ,第四クウォーターには3点差まで詰め寄られる事態に.

息をのむ試合の結末は,同点をかけたタイタンズのFGが惜しくも外れそのまま試合終了.

3点差を守り切ったスティーラーズの勝利でした.

 

スティーラーズOFは後半イマイチでしたがDFは流石の強さですね.

前年度リーディングラッシャーのデリック・ヘンリーをゴール前でガッチリ止めるなど見ごたえ抜群のDFでした(4Q10:40あたり).

 

タイタンズは2年目のA.J.ブラウンが大活躍.

今後の活躍に期待.

 

2020 NFL Week6 Broncos vs. Patriots 【NFL】

面白い試合があったのでご紹介.

週1程度で記事にできたらいいかなと思います.

 

【Game】

Week6/ブロンコス vs ペイトリオッツ

ハイライトはこちら.

www.youtube.com

 

【見どころ】

ゲームを通してタッチダウンはたった1回という珍しい試合.

勝利したブロンコスフィールドゴールでしか得点していなかったというレアゲームでした.

 

両チームとも中々タッチダウンまで持ち込めずロースコアゲームとなった試合は,1TD1FGのペイトリオッツに対して,FG6本決めたブロンコスが勝利.

両チームともQBサックにインターセプトにとディフェンスが大爆発.

というよりオフェンスが決まらなかったでしょうか.

ブレイディが抜けたとは言え常勝軍団ペイトリオッツはらしくない試合.

我慢比べで勝ったブロンコスには,今年こそ勝ち越し目指して頑張って欲しいですね.

 

YESTERDAY 【映画レビュー】

【評価】

3/5

 

【あらすじ】

主人公はイギリスの田舎町で暮らす売れないミュージシャン.

ある夜事故に遭い,目が覚めてみると誰も「The BEATLES」を知らない世界になっていた…

ビートルズの曲を自作と偽って歌えばスター街道まっしぐら.金も栄誉も思いのまま.

そんな主人公が人生の勝利(幸せ)を見つけるストーリー.

 

【ラスト】

BEATLESを歌う主人公は,大手プロダクションの敏腕プロデューサーの目に留まり,スターへの道を駆けだそうとする.

大型新人としてプロモーションも着々.

しかし,プライベートでは子供の頃から,売れない頃もずっと応援してくれていた幼馴染とも擦れ違い,自分の気持ちに正直になれないまま.

そんな主人公に道を示してくれたのは,その世界では生きていたジョン・レノン

最後は自身の「成功」よりも「正直さ」を選び,自身の曲がBEATLESの曲であること,また幼馴染への愛を告げ,ハッピーエンド.

主人公が再現したBEATLESの楽曲は全世界に無料配信され,世界は再びBEATLESの音楽で満たされるのであった…

 

【感想】

ありそうでなかったSF(ちょっと不思議)設定が,コロンブスの卵的で面白いです.

オチは想像以上ではなかったものの,爽やかな締め括りがGoodでした.

劇中でビートルズの曲がたくさんかかるのも良し.

見終わった後,思わずAmazonPrimeMusicでBEATLESプレイリスト作りました.

人生と愛をテーマにした気軽に楽しめる映画として良質な作品だと思います.

 

また,エド・シーラン本人がエド・シーラン役としてガッツリ出てくるのも凄い!

ビートルズと比較され「繋ぎ役」など散々言われていますが,それだけエド自体もビートルズへ敬意があるのかなと思うとホッコリしました.

 

 

マイ・インターン 【映画レビュー】

※ネタばれありご注意

 

【評価】

4/5

 

【あらすじ】

主人公は,仕事を定年退職し余生を楽しむ老年の男性(ロバート・デ・ニーロ).

早くに奥さんを亡くしていた彼の老後は一人の日が多く,自由でも寂しい日々を過ごしていた.

そんなある日,街で見かけた「シニアインターン募集」のチラシに応募し,アン・ハサウェイ演じる女性社長が率いるファッションECサイト運営会社で働くことに.

はじめは所謂「現代的な」職場とのギャップ,またその年齢から疎ましく思われていた.

しかし,彼の信頼のおける人格,また元来のビジネスマンとしての才覚が徐々に認められ,遂には社長秘書として働くことに…

仕事を通して彼と彼の上司(社長)との信頼関係を描いていくストーリーです.

 

【ラスト】

会社でも,プライベートでも問題を抱えた社長(アン・ハサウェイ)は精神的に追い込まれる.

会社経営も続けたいが,その分家族との距離がどんどん離れてしまう…

主人公(ロバート・デ・ニーロ)は,そんな彼女に優しく心強い助言をし,彼女は自分の心に正直に生きること=会社経営継続を決意.

最後は不倫していた夫も自分の過ちに気付いて謝罪,家族の絆も一層深まってめでたしめでたし.

 

【感想】

爽やかさ極振りの作品.

深いストーリーや複線,大どんでん返しがある訳でもなく,なんならラストはご都合展開でしたが,鑑賞後は非常に爽やかな気分になれます.

初老の男性が同僚や社長から信頼を集めていく様は心地良く,みんなが幸せになれるウルトラハッピーストーリーでした.

多くの人に勧められること間違いなしです.

音楽のお洒落さもいい感じ.

ステイホームで退屈な休日の午後にピッタリの作品と思います.